ハイフ, 池袋, 美容

メスを使わないたるみ治療とは

たるみ治療といいますと、第一にフェイスリフトなどの美容外科的な手術を思い浮かべる方も多いかもしれません。耳の後ろあたりを切開し、皮膚を上に持ち上げてひっぱり、さらに縫合することで、たるんだ皮膚を持ち上げることができます。これによってたるみを解消したり、しわなども目立たなくなるというメリットがあります。即効性がありますし、効果を感じやすいという方法ではありますが、やはり勇気もいりますし、メスを使うということでのリスクもあります。

そこでさらに手軽にできるたるみ治療としては、フェザーリフトという方法もあります。特殊な糸を頬に沿って入れるのですが、この糸が細胞にあたることで、コラーゲンの生成を促すことができるのです。そのため、保湿力が高まり、ふっくらしたお肌にすることができます。その効果は半永久的と言われていますので、効果を持続するたるみ治療をお探しの方にはおすすめです。

美容注射をして、ほうれい線を改善するという方法などもありますが、これは効果は数か月と言われていますので、気になるようになったら、また打たなければならないのです。色々な方法がありますし、たるみの症状によっても、治療法を選んでいくことが大事です。もしわからないことがあったり、自分にとってベストな治療法をお探しの方は、美容外科クリニックや、美容皮膚科でカウンセリングを受けてみる事をおすすめします。良い治療法を提案してもらうことができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です