HIFU, 名古屋, 美容

顔や首にできるシワは種類別に治療しましょう

年齢を重ねると顔や首にシワができて気になる方は多いのではないでしょうか。シワは、出来る場所や原因によって大きく3種類に分けることができ、それぞれ治療方法も異なります。顔をしかめると眉間やおでこ、笑うと目尻にできるのは、表情ジワと呼ばれているものです。紫外線による乾燥や加齢が原因となって、皮膚の下にある真皮という部分の水分やコラーゲンが減少して起こります。

表情ジワの治療方法としては、ボットクス注射が効果的です。ボトックスとはボツリヌス菌が作りだす成分を弱くしたもので、筋肉の働きを抑制する効果があります。ボットクス注射することで筋肉の動きが抑えられるので目尻や眉間ジワが目立たなくなります。普段からお肌の乾燥に気をつけることも大切です。

次や目元や口元にできる細かいシワです。これは、ちりめんジワといわれているもので、皮膚の表面にある表皮が乾燥してできます。治療としては保湿を重要でワセリンなどの保湿剤が有効といわれています。そして、鼻から口元へとできるほうれい線です。

ほうれい線はシワではなく顔の筋肉がたるんだことでできるものです。たるみはお肌のハリが失われたことで起こります。美容クリニックではほうれい線にヒアルロン注射することで目立たなくします。ヒアルロン酸にはお肌のハリを戻す力があります。

近年の美容技術の進歩により、症状によってはレーザー光線や赤外線などでシワを目立たなくする方法が開発されています。医師とよく相談して自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です