Skip to content

船橋市で葬儀をしたときに受け取ることができる給付金

船橋市内で葬儀を行った場合、一定の要件を満たしていれば給付金を受け取って葬式にかかる費用を少し軽減させることが可能になります。

納骨を終えるまでの一連の手続きの中ではたくさんの費用が発生するため、式を執り行うためのお金を賄うのが大変だった遺族で、給付金を受け取れる要件を満たしているのであれば、是非とも制度を利用したいものです。

まず、亡くなった人が国民健康保険か後期高齢者医療保険のいずれかに加入していた場合は、被保険者証を返納する際に手続きをとることで葬祭費の支払いを受けることができます。

金額は自治体自身で決めることができ、加入している保険の種類によって異なっていますが、船橋市で葬儀を行った場合はどちらの保険に加入していたとしても5万円が支払われます。

上記の葬祭費は被用者保険への加入中に亡くなった場合は受け取ることができませんが、その代わり被用者保険からは埋葬料が給付されます。

これも被保険者証の返納手続きを行うときに申請をすることができ、受理されれば5万円までを上限に健康保険組合が埋葬料を実費精算します。ただし、費用の名称からもわかるように埋葬まで終わらせてはじめて申請ができる仕組みとなっているので、まずは船橋市で葬儀をきちんと済ませましょう。

また、死亡者か施主のいずれかが生活保護受給者で葬祭にかかった費用を支払うことができない場合は、国の葬祭扶助制度の対象となり、かかった費用のうち一定の金額までを国が負担してくれます。ただし、この制度を利用すると通夜と告別式は行えず、納棺をしたあとはすぐ火葬にむけた手続きをとることになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です