Skip to content

葬儀の服装のマナーについて

葬儀は突然やってくる場合が少なくありません。そのために慌ただしく葬儀に出席するための準備をする人もいます。

そのような時に慌てることがないように葬儀の時のマナーを知っておくことは大切なことです。例えば、葬式にはどのような服装で行くべきなのでしょうか。葬儀に出席する場合男性であるならばブラックスーツを着るのが基本です。スーツはダブル、シングル三つボタンのいずれでも構いません。

シャツは当然白を着て、ネクタイは黒無地をつけます。靴は黒い色にします。女性は黒のワンピースかスーツ、あるいはアンサンブルが基本です。ストッキングと靴は黒にすべきです。ちなみに、通夜の時は必ずしもブラックフォーマルでなければいけないという事ではありません。通夜は急に駆けつけなければならないことも多いために男性であるならばダークスーツか濃紺のスーツでも構いません。

ネクタイは黒がなければ地味ながらで構いません。女性についてもグレーのスーツやワンピースで構いません。身につけるアクセサリについては、どんな注意が必要でしょうか。男性の場合はほとんどのアクセサリーを外すのがマナーといえます。結婚指輪は問題がありません。女性の場合もできるだけアクセサリーを身につけないのが失礼のない服装といえます。

香水は控えるようにします。バックは黒であるならば構わないです。こうした基本的な点を押さえておくことによって突然にやってくる葬儀に失礼のない仕方で出席するということができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です