Skip to content

流山市で葬儀をおこなう家族がすること

葬儀は突然の場合もあれば、長患いの末の場合もあります。どちらにせよ故人を偲ぶセレモニーには違いがありません。

近年では流山市でも、一般葬と同様に家族葬を行うことも増えており、弔問客を招かず故人との最期の別れをゆっくり過ごせるところが注目されています。

葬儀を行う家族にとっては、亡くなった時点ですでに始まりとなります。まず病院から自宅あるいは通夜会場への搬送を依頼することです。

病院で手配してもらうこともできますが、事前に依頼する葬儀社があればそちらに依頼し、迎えにきてもらうことになります。その時には、どのようなお葬式にするのか決めておく必要があります。

お葬式に必要な手続きは葬儀社のほうでおこなってくれますので、手順や説明を聞き、だいたいの流れを把握しておかなければなりません。

流山市で葬儀をおこなう場合には、その葬儀社に紹介された流山市付近で利用できる会場の中から、通夜会場・斎場の場所と日時を決め、訃報を教えなければならない相手に連絡をします。

弔問客を招く一般葬と、ごく親しい人たちだけでおこなう家族葬では、その点がいちばん大きな違いになるでしょう。

一般葬でも通夜のあとそのまま初七日を行うことが多いため、改めて行う家庭は少なくなっています。家族が亡くなってすぐにお葬式の段取りをすることは、つらいことでもありますが、故人が望んだとおりのお別れができるように、内容や費用を含めたすべてに関して、滞りなく終わらせ悔いのないものにしてあげることです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です