Skip to content

葬儀に参列するときにふさわしい服装について

突然、親戚や知り合いの訃報が届き、社会人になって初めて葬儀に参列することになったときに、どんな服装が適切なのかイマイチわからずに困ってしまったという経験をお持ちの方も多いようです。

葬儀に参列するときの服装は社会人のマナーとして大切なポイントの一つなので、いざというときに困らないように知っておきましょう。まず、男性が葬儀に参列するときの服装は、無地の白ワイシャツに無地の黒ネクタイを締めて黒のスーツを着用し、金具のない黒の革靴を履くのが一般的です。

スーツはシングル、ダブルどちらでもよく、スリーピースでも問題ありません。派手な装飾品はできるだけ避けるのがマナーなので、カフスボタン、ネクタイピン、ゴールドの腕時計などは付けないほうがよいでしょう。一方、女性は、黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどの落ち着いた上下黒の洋服を着用するのが一般的です。

足下は黒のストッキングと黒の靴(パンプス)を履きますが、靴はヒールが5cm以下で光沢がないものを選びましょう。女性も派手な装飾品を避けるのがマナーなので、アクセサリーは結婚指輪のみ、バッグは光沢がなくて大きな金属の金具が付いていないシンプルな黒のバッグを選ぶのがポイントです。メイクもナチュラルメイクを心がけ、派手なチークやシャドウ、マニキュアを使うのは避けましょう。このように、葬儀に参列するときには、上下黒のフォーマルな洋装で、装飾品はつけずにできるだけ目立たない地味な服装を心がけることが大切です。

なお、動物の命を奪って製造する毛皮や皮革は葬儀の場にふさわしくないので、身に付けていくと失礼に当たります。特に、冬に参列するときに着用するコートやマフラー、手袋には動物の毛皮が使われている場合があるので、材質を確認してから着用しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です